天井の照明は仰向けの赤ちゃんには眩しいのでは?

ある時ふと天井を見上げて思いました。仰向けで寝ている赤ちゃんには天井の明かりは眩しいのではと。生後半年くらいまでは、仰向けの時間が長いので。

試しに床に寝転がると、確かに眩しい。この明るさで、昼寝とか無理だなと。

天井の明かりは、赤ちゃんにも眩しいのか?

大人にとっては、眩しくても、赤ちゃんが同じように感じているとは限りません。

調べて見たところ、「ベビーカレンダー」の相談コーナーで医師による回答がありました。

この月齢ではまだ視力は発達していないので、蛍光灯は薄ぼんやりと見える程度だと思います。また、蛍光灯は全体を明るく照らすもので、レーザーポインターのようにピンポイントに光を当てるものではないので、目に悪いことはありません。

ベビーカレンダー

蛍光灯であれば、そんなに気にする必要はないとのこと。

しかし、我が家は、電球です。。。ダウンライトというやつで、天井に複数の電球が配置されています。調光機能があって、オシャレな感じではあります。

昨今のマンションは、我が家のように蛍光灯ではなくて、電球がついているタイプも多いと思います。

電球は「ピンポイントに」眩しいです。蛍光灯は大丈夫でも、電球なら赤ちゃんも眩しいのかも。。。

赤ちゃんが電球を見て大丈夫なのかは、専門家のご意見は見つかりませんでした。ということで、安全策をとって、なるべく見ないようにした方がいいのではと。

我が家の天井の明かりの対策

我が家では、次のように対策しました。

昼間は、基本的には自然光

天気が良ければ、昼間は基本的には照明をつけないことにしました。

我が家のリビングは、窓が大きいので、照明消しても、あまり変わりませんでした。

夜は、あまり明るくしない

夜は暗くしといた方が、寝つきもいいかな、というのもあり。夜は、暗めの明かりにしました。この点では、調光できる照明が役に立ちました。

間接照明

我が家のリビングにはフロアランプというのですかね、床の上にスタンドとして置くタイプの照明があります。最近使ってなかったのですが、これを使うことにしました。

赤ちゃんから遠い電球のみ使う

我が家は、調光電球が天井に多数配置されているタイプです。赤ちゃんから遠くて、直接目に入らない電球だけつけることにしました。

タイトルとURLをコピーしました