インターナショナルスクールに入学するには~必要な条件、英語力

日本でも国際化が進む昨今、英語の重要性はますます高まっています。

子供には、英語を使えるようになって欲しい、将来英語で苦労してほしくない、そんな親世代も多いかと思います。

しかし、普通の日本の学校に通って、高いレベルの英語力を身につけるのは、容易ではありません。学校の授業や、ちょっとした英語レッスンだけでは、英語を実践的に使う機会が、絶対的に足りないからです。

そこで、英語教育に熱心な方の中には、英語の環境で勉強ができるインターナショナルスクールを検討されている人もいます。

インターナショナルスクールに入学するには、どのような英語力、その他の条件が必要でしょうか?本記事では、インターナショナルスクール入学のための条件を解説します。

条件① 英語力

小学校・幼稚園(Kindergarten)入学に必要な英語力

小学校の低学年までの入学であれば、流暢な英語が必ずしも必須ではない学校もあります。小学校低学年であれば、比較的すぐに英語力は追いつけるからです。

しかし、大部分の学校は何かしらの英語力の条件を設定しています。幼稚園や小学1年からでもネイティブと同等が必須の学校もあります。

つまり、小学校からインターナショナルスクールに入学するのであれば、英語は必須でない学校もあるものの、英語力は、できるだけ高い方が入学の可能性は高くなります。

インターナショナルスクールに入れたいなら、できるだけ幼少期から英語の幼稚園・保育園で学ばせるべきです。

幼稚園・小学校入学の英語の基準
横浜インターナショナルスクール 4年生までは、英語ができない生徒も受け入れる
東京インターナショナルスクール4年生までは、英語ができない生徒も受け入れる(受け入れ数は、限られる)
カナディアンインターナショナルスクール 1年生までは、ある程度の英語でOK
つくばインターナショナルスクール4年生までは、ある程度の英語でOK
クリスチャンアカデミーインジャパン5年生までは、2学年遅れの英語でOK
K・インターナショナルスクール英語サポート必要な生徒の受け入れあり(詳細不明)
ローラス・インターナショナルスクール・オブ・サイエンス英語サポート必要な生徒の受け入れあり(詳細不明)
聖心インターナショナルスクール英語サポート必要な生徒の受け入れもあるが、日本人の受け入れは少ない
清泉インターナショナル学園基本的に学年相当の英語力必須
セント・メリーズ・インターナショナル・スクール基本的に学年相当の英語力必須
西町インターナショナルスクール基本的に学年相当の英語力必須

当サイト調べ、2018年8月時点で各学校のサイトに掲載されている条件を意訳

両親の英語力

子供の英語力に条件がなかったとしても、両親の内少なくとも1人は英語でコミュニケーションができることを条件にする学校が多いです。先生やスタッフとのコミュニケーションで英語が必要だからです。

中学校・高校入学に必要な英語力

中学校・高校の入学要件としては、ほとんどのインターナショナルスクールで学年相当の高いレベルの英語力を求めます。

高いレベルの英語とは、「日本人にしては英語ができる」のではなく、問題なく100%英語の授業に参加できるレベルです。普通に小学校の英語の授業を受けたり、ちょっと英会話教室に通うくらいでは、無理です。

そのような学校に進学するには、帰国子女だったり、小学校からインターナショナルスクールに通っていなければ、かなり厳しいということになります。

英語がネイティブレベルでなくても、入学できるインターナショナルスクールも存在はします。

しかし、その場合でも、一般的な中学生のレベルよりは高いレベルの方が望ましいと思われます。以下は、インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢の例です。

Q. 英語が母国語ではありませんが、受験可能でしょうか。
A.ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンでは日本語、外国語の授業を除き、授業は全て英語で行われます。英語が母国語である必要はありませんが、最低3年間学校で英語を学んだ経験があり、中級程度の英語力(聞く、話す、読む、書く力)が必要です。また、日常使う言語が英語という環境に順応しようとする意欲を有することが望ましいです。

インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢

条件② 費用の負担

インターナショナルスクールの学費は高額です。

平均すると、学費や他の固定費で、年間200万円以上かかります。

一度インターナショナルスクールに入ると、高校までインターナショナルスクールや海外校になる生徒が大部分です。

幼稚園から高校までインターナショナルスクールに通うと、3,000万円程度は必要になります。

条件③ インターナショナルスクールのある地域に住んでいる

インターナショナルスクールには、基本的には自宅から通います。

海外のボーディングスクールとは異なり、寮がある学校は、ほとんどありません。

しかし、インターナショナルスクールは、東京など一部の大都市に集中しています。自宅から子供が通学できる範囲に学校がない家庭は、引っ越しでもしなければ、インターナショナルスクールに通う選択肢はありません。

条件④ そもそも国際的な家庭なのか

インターナショナルスクールの入学の基準として、「日本に滞在してる海外の家庭」や「子供が海外で学校に通っていた日本の家庭」などの条件が明記されている学校も多いです。

多くのインターナショナルスクールは、両親が日本人で、日本で育った子供の受け入れは想定していません。インターナショナルスクールは、基本的には、日本の学校での教育が難しい子供のためにあるからです。

例えば、以下は聖心インターナショナルスクールの募集要項です。

The school is dedicated to serving the educational needs of the daughters of foreign nationals in the Tokyo area.

(中略)

Our community is predominantly made up of internationally mobile families for whom the Japanese education system is not an option.

聖心インターナショナルスクール

(意訳)当校は、東京に住む外国籍の女性生徒の教育に特化しています。私たちのコミュニティは、大部分が、日本の教育システムが適していない国際的に暮らしている家族で構成されています。

まとめ

・幼稚園や小学校低学年であれば、英語は必須でない学校もある。

・しかし、多くの学校は条件を設けており、小学校1年からでも、ネイティブ並みの英語力が必須の学校もある。

・英語力は、できるだけ高い方が入学の可能性が高くなるため、インターナショナルスクールで学びたいなら、幼少期から英語の保育園・幼稚園で学ぶ方が有利。

・両親も最低1名は、英語が流暢に話せることが必要とする学校が多い。

・中学校以上は、ネイティブ並みの英語力が、ほぼ必須。

・ネイティブ並みの英語力が必要ない学校でも、一般の高校生以上に高い英語力が望ましい。

・インターナショナルスクールは、年間200万円以上と、費用の負担も高い。

・東京など、インターナショナルスクールがある地域に住んでいる必要がある。

・そもそも国際的な家族でなければ、入学できない学校もある。

タイトルとURLをコピーしました